« バンド部門 | トップページ | なぜLIVE SESSION JAPANを立ち上げたか? »

2007.01.01

セッション部門

 インターネットで知り合った人たちが初対面でいきなりステージ演奏します。リハーサルは一切ありません。セッションというと3コードや1発コードでアドリブバリバリみたいなことを想像したりして敷居が高いイメージがあります。ここでいうセッションというのは別名一発合わせコピー大会です。上手な人も参加しますし、あんまり上手じゃない人も参加します。
 メーリングリスト内で誰かがこの曲をやりたいと表明して、必要なパート(ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードなど)がそろえば本番で演奏していただきます。メンバーが揃った場合は「ロン」、あと一人でメンバーが揃う場合は「リーチ」と言ってますね(^^;。必要パートが揃わなければ残念ながら演奏はできません。ルールはいたってシンプルです。腕前の上手下手はまったく関係ありません。
 音楽のジャンルは特に設定しません。ノンジャンルです。来るもの拒まずのセッションになります。多くの人たちに演奏してもらうセッションなので一人で完結する弾き語りや、カラオケ、打ち込みなどはさけて下さい。3人以上で演奏できるように曲を選んでいただきたいと思います。日頃演奏できないような曲にチャレンジしてみたり、以前からどうしてもやってみたかったという曲を表明してみるのもこのイベントの醍醐味だと思います。
 定員は各パート10名です。一人につき10曲まで曲の表明便乗ができます。演奏予定曲数に達し次第、参加表明、曲の表明便乗は終了します。ですから、参加表明しても必ず演奏できるとは限りません。ロン曲を確保できなかった人たちが演奏できるようにというような救済措置はありません。早い者勝ちになりますので、積極的に表明便乗してほしいと思います。
 一発合わせという事でうまく演奏できるかなという心配があったりするんですが、そんなに心配しなくてもいいと思います。演奏が止まっても逆に盛り上がっちゃう事だってあります。
 曲の集計は全てメーリングリスト内で所定のフォーマットで行なっています。自分が演奏したい曲を表明するのも、他の人が表明した曲に便乗するのも人それぞれ。自分のできる範囲で表明便乗をしてください。10曲の枠をどう使うかは皆さん次第です。規定のフォーマットはイベントの告知のときにお知らせすることになると思います。

|

« バンド部門 | トップページ | なぜLIVE SESSION JAPANを立ち上げたか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159654/4756730

この記事へのトラックバック一覧です: セッション部門:

« バンド部門 | トップページ | なぜLIVE SESSION JAPANを立ち上げたか? »